マネジメント手法

Will Skillマトリクス:従業員のモチベーションと能力を評価する戦略的ツール

組織の成功は、従業員のモチベーションと能力を適切に管理し、活用する能力に大きく依存しています。Will Skillマトリクスは、従業員の「意欲(Will)」と「技能(Skill)」を評価し、個々の従業員に最適なサポートや研修を提供するための...
設計

まだC言語で消耗しているの?

この記事はC言語での実装を否定するものではありません。私もC言語で数十万行実装した経験があります。カーネルやデバイスドライバなど、頻繁に繰り返しCPUリソースを消費するコードは、C言語は適切で、効率の面でも許容の範囲だし、Linuxの成功を...
OSS管理

迅速なアップデートができない組込み機器の脆弱性について

今では小さなIoTデバイス、Wi-Fiルーター、プリンタのようなレガシーなものまで、様々な機器が社内のネットワークに接続されています。残念ながら、こういったデバイスをネットワークにつなぐには注意が必要と言わざるを得ません。 パフォーマンス優...
OSS管理

ソフトウェア開発に不可欠となったSBOMについて

SBOMとはSoftware Bill Of Materialsの略で、ソフトウェア部品表のことです。製品に含まれるプロプライエタリやOSSのソフトウェアコンポーネントの名称や、バージョン、ライセンスなどを一覧できるものになります。 202...
開発マネジメント

外部委託が多い日本では無理にアジャイル開発しない方が良い

日本では外部委託工数比率が50%以上のプロジェクトが7割弱(ソフトウェア開発データ白書2018-2019,IPA)となっており、設計・実装・評価スキルのほとんどが外部委託にあるのが実体となっています。日本企業でなぜアジャイル開発が普及しない...
ロジカル・シンキング

背理法:論理的思考を導くパワフルな手法

数学や論理学で頻繁に使われる背理法は、直感的ではない命題の真偽を証明するための強力な手法です。この記事では、背理法の基本原理、その使用例、およびこの手法が論理的思考にどのように貢献するかを探ります。 背理法とは 背理法(reductio a...
行動経済学

ランダム化比較試験(RCT)の理解:効果的な介入評価のための信頼性の高い研究方法

ランダム化比較試験(Randomized Controlled Trial, RCT)は、臨床研究や社会科学の分野で使用される、非常に信頼性の高い研究方法です。この手法は、新しい治療法、薬剤、教育的介入、またはその他の介入の効果を客観的かつ...
マネジメント手法

緊急性・重要性マトリクスの効果的な活用:技術系管理職のための時間管理戦略

緊急性・重要性マトリクス(Urgent-Important Matrix)、またはアイゼンハワー・ボックスは、時間管理とタスクの優先順位付けにおいて効果的なツールです。このマトリクスは、元アメリカ合衆国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーにち...
行動経済学

現状維持バイアス:変化を避ける心理とその克服へのアプローチ

現状維持バイアス(Status Quo Bias)は、心理学および行動経済学における概念で、人々が現在の状態を維持することを好み、変化を避ける傾向を指します。このバイアスは、不確実性を避け、リスクを最小限に抑えるための心理的な防衛機制として...
行動経済学

感応度逓減性:感覚の「慣れ」とその生物学的・心理学的意義

感応度逓減性(Sensory Adaptation)は、心理学や生理学において、感覚器官が一定の刺激に時間の経過とともに反応を減少させる現象を指します。これは、感覚システムが持続的かつ一定の刺激に対して「慣れる」ため、その刺激に対する感受性...