マネジメント手法

マネジメント手法について

マネジメント手法

プログラムとプロジェクトの違いについて

プログラムとプロジェクトを同じような意味として用いられるケースがあるのですが、この二つは別物です。目的があって、その目的を達成するためにプログラムが形成されます。そこで分割された目標に対して、プロジェクトを形成してその目標を達成していきます...
マネジメント手法

管理職にはGTDは逆にストレスになるのでやらない方が良い

デビット・アレンが「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」という本を出したとき、結構話題になりすぐに読んでみて実際にしばらく実践していました。当時BlackBerryの携帯を持っていたのですが、GTD(Getting Things Do...
マネジメント手法

読み手の関心事に対して解や情報を与えるビジネス文書を書くこと

ブログもそうですが、ビジネス文書においては常に読み手には何か関心事があって、読み手はその文章を読むことで、自己の関心事に対しての解であったり、新たな発見となるような、役に立つような、参考になる情報を得たいと考えています。 報告書や提案...
スポンサーリンク
マネジメント手法

部下をコンピテンシーで分解して評価する

部下や自分の能力を評価する際に総合的な評価も必要ですが、人には得意不得意があってより多くの軸で多次元的に評価したほうがその人の特性がより明確になります。一般的な人材の能力を測る際にコンピテンシーをよく使います。 ただコンピテンシーの内...
マネジメント手法

マネジメントの仕事は指示・命令だけでは終わらない

親であれば朝に子供を起こした経験があると思います。「もう朝だよ、起きて」と子供に声をかけるわけですが、すぐに起きてくれればよいのですがそう簡単には行きません。子供の様子をみてまだ寝ていれば、ゆすってみたりして起こそうと試みます。もっと大きな...
マネジメント手法

コミュニケーションは人と環境に応じて変わる

何か問題が発生して原因を分析しているとコミュニケーションが不十分だったということに行きつくことが良くあります。組織でコミュニケーションを統括しているのはマネージャーです。コミュニケーションに課題があればそれはマネージャーに課題があるというこ...
マネジメント手法

リーダーシップとマネジメント

リーダーシップとマネジメントという言葉はよく耳にしますが、その定義となると人によって違ってきたり、ほとんど差を意識していない人もいるのではないでしょうか。 広辞苑によれば、リーダーシップとは「指導者たる地位または任務。指導権。指導者と...
マネジメント手法

効率的な会議進行のために外向型・内向型を考慮し調整する

人はそれぞれ異なった性格を持ち合わせていますが、性格のタイプを大きく二つに外向型と内向型に分けることができます。この性格のタイプによって考えを整理するための思考プロセスが異なってきます。どちらが良くて、どちらが悪いということはありません。部...
マネジメント手法

具体的で明確で適切な目標設定方法

目標設定はマネジメントの重要な仕事です。アウトプットは短い言葉になるかもしれませんが、その後ろには様々な配慮があるものでなくてはいけません。 目的と手段 「目的(purpose)」とは成し遂げようと目指す事柄のことであって、「手段(me...
マネジメント手法

ファヨールのマネジメントの5機能

上位方針が展開され、マネジメントはそれに基づいて戦略策定して目標を定めますが、マネジメント行動は何かを単発的に片づけるといったものではなくて、基本的にはPDCAサイクルのように繰り返し何かを回していくようなものです。 マネジメント...