管理人

行動経済学

損失回避性の心理学:フレーミング効果とサンクコスト効果による意思決定への影響

損失回避性(Loss Aversion)は、人間の意思決定における重要な心理学的現象で、人々が同等の量の利益よりも損失を避けることを好む傾向を示します。この概念は、ダニエル・カーネマンとアモス・トベルスキーによってプロスペクト理論の中で紹介...
行動経済学

参照点依存性:人間の意思決定における相対的評価の役割と影響

参照点依存性(Reference Dependence)は、経済学や心理学において、人々の意思決定が現在の状態や特定の基準(参照点)に依存することを示す概念です。この理論は、人々が利益や損失を、絶対的な価値ではなく、特定の参照点に対して相対...
行動経済学

プロスペクト理論入門:リスクと意思決定の心理学的理解

プロスペクト理論は、経済学と心理学の分野で、人々のリスクに対する意思決定のプロセスを説明するために用いられる理論です。この理論は、ダニエル・カーネマンとアモス・トベルスキーによって1979年に提唱され、従来の経済学の枠組みである期待効用理論...
行動経済学

決定回避と心理学:デフォルト効果から同調効果までの理解

決定回避とは、個人が意思決定を避ける心理的傾向を指します。これは、不確実性、リスク、または個人の決定に対する責任から逃れるために発生することがあります。この記事では、決定回避と関連するいくつかの心理的効果、すなわちデフォルト効果、ミルグラム...
行動経済学

ヒューリスティックの理解:迅速な意思決定を支える心理学的プロセスとその種類

ヒューリスティックは、人間が日常的に行う複雑な判断や意思決定を迅速かつ効率的に行うための簡易的な思考のルールや方法です。これらは、情報の処理を簡略化し、迅速な決定を可能にしますが、同時に誤った判断やバイアスを引き起こす原因ともなります。以下...
行動経済学

プライミングの力:認知と行動に影響を与える心理学的現象の探究

プライミングとは、心理学における重要な概念であり、特定の刺激が後の認知や行動に影響を与える現象を指します。この現象は、人間の知覚、記憶、意思決定などの認知プロセスにおいて重要な役割を果たしています。 プライミングの基本概念 プライミングは、...
行動経済学

ナッジとリバタリアンパターナリズム:意思決定に対する穏やかな誘導の科学

ナッジ(Nudge)について 「ナッジ」という概念は、行動経済学者リチャード・セイラーと法学者キャス・サンスティーンによって提唱されました。ナッジ理論は、人々がより良い選択をするよう微妙に促すことに重点を置いています。 ナッジの特徴 非強制...
行動経済学

二重システム理論の理解:直感と分析のバランスがもたらす心理学的洞察

二重システム理論(Dual-System Theory)は、人間の思考プロセスを理解するための心理学のフレームワークの一つです。この理論は、人間の認知機能が二つの異なるシステムによって動かされていると提案しています。これらのシステムは、それ...
行動経済学

行動経済学入門:人間の意思決定を解き明かす新しい経済学

行動経済学(Behavioral Economics)は、心理学の洞察を経済学に統合することで、人間の意思決定プロセスをより現実的に理解しようとする学問分野です。従来の経済学が「合理的な経済人」という仮定に基づいていたのに対し、行動経済学は...
ロジカル・シンキング

議論の深層解析: トゥールミンモデルの探求

論理的な議論や批評は、古代ギリシャの哲学者たちから現代の学者やビジネスマンまで、私たちの知識や信念を形成し続けてきました。議論の質を高め、その有効性を判断するためには、その構造を理解することが不可欠です。そのために開発されたのが、スティーヴ...