ISO/IEC 25010の品質特性の保守性とその品質副特性

品質

ISO/IEC 25010は、ソフトウェアの品質評価を行うための国際規格であり、保守性(Maintainability)に関連する品質特性には、モジュール性、再利用性、解析性、修正性、試験性の5つの品質副特性が含まれています。ここでは、それぞれの品質副特性について詳しく解説します。

ISO/IEC 25010:ソフトウェア製品の品質を測定する8つの品質モデルについて
ISO/IEC25010は、ソフトウェア製品の品質モデルを定義した国際規格です。この規格には、ソフトウェア製品の品質を評価するための8つの品質モデルが含まれています。以下では、それぞれの品質モデルについて説明します。機能適合性(Functi...

モジュール性(Modularity)

モジュール性とは、ソフトウェアが機能単位に分割され、各モジュールが独立していることを示す品質副特性です。モジュール性が高いソフトウェアは、変更や追加が容易になるため、保守性が向上します。また、各モジュールの機能が明確になるため、開発やテストの効率も向上します。

再利用性(Reusability)

再利用性とは、ソフトウェアが他のシステムやプロジェクトで再利用されることができることを示す品質副特性です。再利用性が高いソフトウェアは、新しいシステムやプロジェクトの開発コストや期間を削減することができます。また、再利用されるソフトウェアは、熟成されたものであるため、品質が高い場合があります。

解析性(Analysability)

解析性とは、ソフトウェアが解析や修正が容易であることを示す品質副特性です。解析性が高いソフトウェアは、問題の特定や修正が迅速に行えるため、保守性が向上します。解析性を高めるためには、ソースコードの読みやすさや文書化、デバッグ情報の取得などが重要です。

修正性(Modifiability)

修正性とは、ソフトウェアに問題があった場合に、適切に修正できることを示す品質副特性です。修正性が高いソフトウェアは、保守にかかる時間やコストが削減されるため、開発者やユーザーにとっても利便性が向上します。修正性を高めるためには、問題の特定や修正が容易な構造や文書化、テスト環境の整備などが必要です。

試験性(Testability)

試験性とは、ソフトウェアがテストしやすく、テストの範囲が明確であることを示す品質副特性です。試験性が高いソフトウェアは、問題が早期に発見され、修正が容易になるため、保守性が向上します。また、テストが容易なソフトウェアは、品質が高い場合があります。

まとめ

ISO/IEC 25010で定義されている保守性に関する品質副特性は、ソフトウェアの保守性を向上させるために重要な要素となっています。これらの品質副特性を考慮して、ソフトウェアの設計や実装を行うことで、保守性を向上させることができます。また、これらの品質副特性は、ソフトウェアの開発者やユーザーにとっても利便性が向上し、ソフトウェアの品質を高めることができます。

しかし、保守性に関する品質副特性だけでなく、他の品質特性についても考慮することが重要です。例えば、セキュリティ、性能、信頼性、ユーザビリティなどの品質特性も重要な要素であり、これらの品質特性を総合的に評価することで、より高品質なソフトウェアを開発することができます。

コメント