これからのプログラミングスクールはTechAcademy一択でよい理由

技術
スポンサーリンク

ソフトウェアエンジニアである限り、プログラミング言語は学び続けないといけないものです。私が就職したころはC言語さえできていれば沢山働き口はあったのに、今ではC言語はほとんどみなくなって、Java、PHP、JavaScript、Python、Ruby、C++などが主流です。

プロジェクトに応じて使う言語が異なったりしますので、複数のプログラミング言語を使いこなせることはエンジニアとしての価値を高めます。

これから就職しようという人だけでなく、すでにエンジニアとして活躍している方も将来を見据えて新たな言語にチャレンジすることを強くお勧めします。

スポンサーリンク

まずは学習する言語を選ぼう

プログラミング学習は、ほかの言語の下地があると意外に学習期間は短く済みます。プログラミング言語自体が、過去のプログラミング言語から派生しているものがほとんどですから当たり前ですね。

すでにPHPやPythonが自由に使えるのであれば、Javaにチャレンジするというのはあります。インタプリタ型言語しか経験していないのであれば、コンパイラ型言語を学習してみるといった感じです。

初めてプログラミング言語を学習するのであればJavaScriptやPythonあたりが良いです。良くこの言語を学習するとどれくらいの年収になるといった比較があったりしますが、Javaのような難しい言語は仕事で使えるレベルに達するまでに長い時間が必要で、費用対効果で考えるとものすごく低く、挫折するリスクも高いです。

独学よりはスクールに通いたい

プログラミング言語の独学は、時間がかかりすぎるのでお勧めできません。もちろん時間が有り余っている方は独学でも構わないですが、本だけでなく、Githubなどで人の書いたコードを多く読むべきです。

プログラミングスクールに通うとなると、コストが心配ですよね。でもすぐにも身に着けて職に活かせれば、そのコストは簡単に回収できます。一番大変な学びだしのところだけプログラミングスクールに通って、あとは独学とすれば、効率もコストも両立できます。

プログラミングスクールは教材より教えてくれる人の質

プログラミングスクールを決めるうえで最も重要なことは、教えてくれる人の質が高いことです。プログラミングは的確に知識やアドバイスを与えてくれる人から学ぶものです。教材だったらAmazonからでも手に入ります。

これからはオンラインに限る

このご時世、やはりオンラインが圧倒的に良いかと思います。教室に通うというのは移動時間もあるし効率が悪くなります。時間を省きたくてスクールに通うのですから、やはりオンラインが良いです。

確かに面と向かって直に聞く良さがあることも確かなのですが、コードを張り付けながらチャットで聞いたりとかの効率の良さが上回ります。

お勧めプログラミングスクールはTechAcademy

プログラミングスクールは数多くあり、どこにすればよいか迷うのですが、オンラインであればTechAcademy [テックアカデミー]一択で良いです。

まずオンライン完結であること、生徒一人ひとりに現役のプロのメンターがつくことです。

自分が開発に関わっている旬なコードについても、そのままメンターにアドバイスがもらえてしまうので、学習のインパクトが高まります。絶対おすすめです。

コメント