マネジメント手法

マネジメント手法

ハーズバーグの二要因理論(動機付け・衛生理論)

アメリカの心理学者のフレデリック・ハーズバーグは、人間の基本的欲求を「動機付け(Motivation)要因」と「衛生(Hygiene)要因」に分割して人間の行動心理を分析しました。動機付け要因とは仕事において満足を与える要因で、衛生要因とは...
2017.01.31
マネジメント手法

ダグラス・マクレガーのX理論のY理論

X理論Y理論とはアメリカの法学博士ダグラス・マクレガーの「企業の人間的側面」の中で提唱された理論で、人を管理するタイプを二つに分ける考え方です。マズローの欲求5段階説をベースに説明されています。どちらかに属するというよりは、時と場合によって...
2017.01.31
マネジメント手法

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説は、アメリカの心理学者アブラハム・マズローにより提唱された、「人間には五つの基本的欲求があり、それぞれに充足と不満の関係性に一定の法則が働いている」といる理論です。この五つの基本的欲求は一番低い次元のものから五番目まで...
スポンサーリンク
マネジメント手法

組織運営の4原則

企業という組織には組織目標があり、組織を構成する人々が協力し合って組織目標を達成する機能があります。マネージャーはこの組織を効率的に運営しなくてはいけません。そのために必要な原則が4つあります。ただしあくまでも原則であり、ケースバイケースで...
2016.12.07
マネジメント手法

職務と責任と権限を明確にする

職務とは、組織を構成するすべての階層のすべての人にそれぞれ割り当てられた任務で、仕事の内容のことです。これが明確に定義されていないのであれば、権限と責任は不明確なままです。職務を明確に定義することが大事です。しかし職務が明確でもそれだけでは...
2016.12.07
マネジメント手法

ロバート・カッツの管理職に必要な3つのスキルについて

ロバート・カッツ(Robert Katz)がHarvard Business Reviewで"Skills of an Effective Administrator"を1955年に発表してからかなりの時間が経ちますが、彼の定義は今でも成り...
2016.12.07
マネジメント手法

部下がいなくても技術系管理職の環境は良いほう

昔は管理職とは人を通じて目標を達成することが仕事でしたが、業務が多様化、複雑化するにつれて、部下を持たない管理職が増えていると思います。特に技術系にはその傾向が強く表れていると思います。 人・物・金・情報・技術などを管理するのが管...
2016.12.07
マネジメント手法

管理職とは何か?技術的管理職とは何か?

管理職でも通常の業務も行っているようなプレーイング・マネージャーの場合、一体管理職とは何だろうかと疑問に思うこともあると思います。日本の伝統的な会社の場合、ある一定の年齢に達すると管理職に任用されますが、管理職に任用されたとしても前まで行っ...
2016.12.07
マネジメント手法

マネジメントとしてPDCAサイクルを回す

日々の業務をこなしていくうえで様々トラブルやクレームや未達といった問題・課題が発生し、それを解決することを繰り返しているわけですが、業務を行うにつれてより効率的に、より高い生産性を達成していく人と、いつも大変そうに課題解決を行っているのです...
2016.12.07
マネジメント手法

評価尺度・指標をモニタリングし結果でビジネスプロセスを管理する

日々行っている業務は一連の活動の集合として捉えることができます。これは管理業務であっても、支援業務であっても同じでビジネスプロセスとして、フローチャートなどで可視化させることができます。何気ない業務であっても可視化させ客観的に見ることで、改...
2016.12.07