中間管理職層が経営戦略実現のカギ

経営戦略
スポンサーリンク

経営戦略という言葉をよく使いますが、戦略というからには戦うための準備や計画や運用方法を定めるものです。企業の強みを活かして限りある経営資源を強みに集中するなどして持続的な競争優位性の獲得するためのプランのことです。

スポンサーリンク

企業は誰のものか

企業は株主のものであるというのが欧米では当たり前ですが、実際に企業が破たんし社会的影響が大きいとなると国が援助を行ったりしています。このことからも現実では株主だけのものではなく、企業は社会全体に影響を及ぼしており全ステークホルダーのものであると考える方が良いと思います。

企業の目的とは

であれば単に株主価値の最大化が企業の目的であるとは言えないことになります。社会に受け入れられるような存在意義を示し、社会に継続的に価値を提供しなければいけません。そのためには自社だけでなく他の企業とも連携し、さらにはグローバルに連携し、ステークホルダーとのバランスをとりながら成長し続けることが企業の目的と言えます。

環境は変化する

継続的に競争優位性を持ち続けるには、環境の変化にうまく対応する必要があります。過去の成功体験にとらわれることなく、状況に合わせて柔軟に素早く変革が行えるよう戦略を打ち出す必要があります。

トップマネジメントが抽象的なビジョンを示すだけでは企業は変わることはなく、中間管理職が率先して置かれている状況を理解して具体的な方策を立案し実行に移せるかが実現のカギになります。

コメント