Affect と effect の違いについて

用法
スポンサーリンク

Affect も effect も両方とも動詞にも名詞にもなります。音が似ているだけでなく、両方とも因果関係を表していて意味的にもかぶります。まだ文字になっていれば良いのですが、会話だと喋る人によっては聞いていて判断できないこともしばしばあります。

スポンサーリンク

基本的に affect は動詞で effect は名詞

こんな聞き分けづらい affect と effect ですが、動詞で使われていれば affect だし、名詞で使われていれば effect な場合がほとんどです。逆に自分が話す場合もそのように使い分けたいです。

Affect と effect の意味は確かにかぶりますが、動詞にした場合と、名詞にした場合で意味が変わってきますので、確認しておきましょう。

Affect の意味

Affect は影響を与えることです。どんな影響があるかは結構何でもありで、感情に影響を与えても良いですし、病原体が体に影響を与えても構いません。Affect を名詞として使うときは感情といった意味になりますが専門用語っぽいですね。Feeling とか emotion が一般的です。

My emotion affects my health.
He displayed a sad affect.

ちなみに affect には全く別の意味もあって、「ふりをする」とか、「好んで用いる」とか、「傾向がある」といった意味にもなります。

Effect の意味

Effect は名詞で原因から引き起こされた結果といった意味になります。Result とか consequence と同じ様なものです。

Effect を動詞で使うと、「もたらす」とか、「目的を果たす」といった意味になります。

He effected his test score by studying very hard.

Effect はイディオムで、「実質的に」という意味で in effect とか、薬などが「効く」という意味で take effect とかもよく使います。

コメント