マネジメントとしてPDCAサイクルを回す

マネジメント手法
スポンサーリンク

日々の業務をこなしていくうえで様々トラブルやクレームや未達といった問題・課題が発生し、それを解決することを繰り返しているわけですが、業務を行うにつれてより効率的に、より高い生産性を達成していく人と、いつも大変そうに課題解決を行っているのですが、至って進歩が見られない人とは何が違うのでしょうか。

前者の人は、基本的にPDCAサイクルの考え方があって、それをいろいろと応用することによって自分なりのプロセスを構築し、業務スタイルとしていたりします。

スポンサーリンク

PDCAサイクルとは

PDCAは、Plan(P)、Do(D)、Check(C)、Act(A)の4ステップの頭文字をつなげたもので、これを繰り返すことでPDCAサイクルと呼びます。

  1. Plan(計画): 目的達成のための計画を立てる
  2. Do(実施): 計画に沿って実施する
  3. Check(確認): 業務の実施が計画に沿っているか確認する
  4. Act(改善): 実施結果と計画との差があれば必要な処置をする
PDCA Cycle

PDCAサイクル

マネジメントとして定期レビューを実施する

ではマネジメントとして部下には、Planにおいて目的を設定することと適切な計画が立てられるように支援してあげること、Actにおいて適切にアドバイスを行うことなどがあります。このように定期的にレビューを行ってフォローする必要があります。

コメント