Look forward to の使い方について

用法
スポンサーリンク

普通 want to や have to などのように to の後には動詞が続くのですが、I look forward to の to は少し混乱しがちです。

I want to hear from you.

は正しい英語ですが、look forward to の場合はどうでしょうか。

スポンサーリンク

to の後には起きてほしいことが続く

look forward to の to の後には起きてほしいことが続きます。hear と続けてしまうと、それは”こと”ではないので、

<間違い> I look forward to hear from you.

とはなりません。正しくは、

<正解> I look forward to hearing from you.

となります。

look forward to か be looking forward to か

I look forward to も I am looking forward to もどちらも良く目にしますが、いったいどっちが正しいのかと疑問に思う人もいれば、両方全く同じ意味でどっちも同じように使えると思っている人もいます。

実は違いがあって、look forward to とする場合は、どちらかというとフォーマルな場面やビジネスの場面で使用します。また be looking forward to は 友人との普通の会話だったりで使います。書き言葉の場合には大抵 look forward to とします。

フォーマルな場面や書き言葉では、

I look forward to hearing from you.

カジュアルな場面では、

I am looking forward to hearing from you.

となります。

コメント