複数形でないのに s で終わる紛らわしい名詞

用法
スポンサーリンク

英語の名詞には mathematics とか単数形でも s で終わるものは結構あるのですが、複数と思ってしまうような紛らわしいものもあります。そういう名詞が主語に来ると続く動詞を複数扱いにしてしまうような間違いがありがちですね。

スポンサーリンク

News

ニュースは日本語になっていますし、これがnewの複数形だと思う人は少ないのではないでしょうか。業界の人だと一本二本と数えてしまいそうですが、ニュース自体は数えられないので、a news は間違えです。

No news is good news.

Series

シリーズも続きものといった意味で日本語で使いますが、series は可算名詞で複数形も series です。

They won a playoff series for the first time.

Means

Series と同様に手段とか方法といった意味の means も可算名詞で、複数形も means です。またmeans は複数扱いで資力といった意味にもなります。sがない mean は動詞だと意味するだし、形容詞だと卑劣なだし、名詞だと平均といった感じで全く別の意味ばかりです。

Is there any means of contacting him?

Lens

レンズも日本語になっていますし、len なんていう単語はありません。レンズはレンズ豆(lentil)の形に似ていることから、ラテン語のレンズ豆の lens からきてます。

Lens は当然数えられて、複数形は lenses になります。コンタクトレンズといった意味で使ったりします。

Have you got your lenses in?

コメント