Sometimes だけじゃない頻度を表す様々な副詞について

用法
スポンサーリンク

前に確度の副詞の違いについて記事にしましたが、今回は頻度についてまとめます。日本語だと、確度や頻度とかについてかなり大雑把なのですが、英語の場合はこの違いは結構細かく伝える必要があります。

日本語で考えて訳しているとこういったところが雑になって、微妙な誤解を生じたりするところです。きっちりと使い分けたいところです。

Maybe だけじゃない確度を表す様々な副詞について
確実ではない、どっちかわからないようなことに対して、日本語だと「たぶん」とかで結構雑な表現をしますが、英語の場合はその確度がどれくらいなのかの意識を言葉の違いによって表します。日本語の「たぶん」をいつも maybe とかにして使っていると誤...

100% always

頻度でいうと100%の場合は、always でこれは簡単ですよね。ちょっと頻度が落ちるのであれば、nearly always とかだと99%くらいの頻度を表せます。

I always park in front of my driveway.

90% usually

100%では無いけど大抵成り立つような頻度の場合、パーセントであえて言うと90%位のときは、usually か typically を用います。

I usually wake up at 7.

80% generally

Generally とか normally とか一般的にとか普通にとかですが、パーセント的には80%位でしょうか。日本語の一般的とか普通はもう少しパーセント的に上のような感じもしますが、英語の場合大体これくらいかもう少し低くても大丈夫です。

I generally go to bed at eleven.

60% often

Often は頻繁にといった意味でも使いますが、頻度を表す場合は大体60%位になります。Frequently でも同じようなものです。

ここら辺は多少揺らぎがあって、また頻度を尋ねるときは how often を使ったり、as often as I can のように使ったりします。単独で使った場合は、50%よりも少し多い感じです。

I often visit my parents.

50% sometimes

Sometimes は「ときどき」と訳されますが、五分五分といった感じです。頻度で言うと50%ですね。

I sometimes see him in the office.

40% occasionally

Sometimes と often の差を頻度が少ない方向に持っていくと、occasionally になります。頻度を表すと40%位になります。日本語だと「時折」と訳されることがありますが、意味が良く伝わってきません。

I go there occasionally.

20% rarely

Rarely は頻度的には20%位でしょうか。

We rarely see each other.

10% seldom

Seldom は hardly ever とか almost never のようにほとんど無いことです。決してないわけではなく、そういったことも起きるかもしれない場合に使えます。頻度的には10%以下でしょう。


He was seldom absent.

0% never

Never は絶対にありません。頻度は0%になります。


I have never been to Singapore.

コメント