管理職ならデール・カーネギーの「人を動かす」は必読

コーチング
スポンサーリンク

技術系でも管理職になれば上司や部下とのコミュニケーションはもちろんのこと、さまざまな関連部門の人たちとのコミュニケーションも増えることになり、高い対人コミュニケーション力が必要になります。コミュニケーションにより上司や関係者を動かす必要がありますし、部下から嫌われているようではリーダーシップを発揮して組織をまとめることも難しいでしょう。

スポンサーリンク

実は友達を得るための本

人間関係に関しては非常に古い本ですがデール・カーネギー(Dale Carnegie)の世界的ベストセラーの「人を動かす」は外せません。「人を動かす」というすごいタイトルの本ですが、実は”How to Win Friends and influence People”が原題で直訳するのであれば、「どのようにして友達を獲得して人に影響を与えるか」です。

実はこの本のテーマは友達を得たい人がどのようにして友達を増やしていくかであって、そこに必要な人間関係の秘訣を具体的な例とともに紹介しています。

では何で人を動かすなのか

自分の友達を嫌な気持ちにさせることはないまずないと思いますが、結局人に好かれるためにはその人を嫌な気持ちにさせないことだと思います。

実は人を動かすことも人を嫌な気持ちにさせないことが大事です。一旦嫌な気持ちにさせてしまうと反発が生まれてギクシャクしてしまいます。ある意味友達になってしまうことが人を動かすためには重要ということでしょう。

管理職は必読

この本に書いてあることを実践していれば友達はできるかもしれませんが、正直な話、実際の会社の中で人間関係を良くして人を動かすには甘いと思う部分も多いです。しかし人間心理を理解しながら人と接することは人の行動を読み解くうえで重要なことで、この本にあるさまざまな例から示唆されることは日々の管理業務に役立つ場面が多いと思います。お勧めの本です。

デール・カーネギーの人を動かす3原則
あなたは部下がミスをしたりパフォーマンスに不満足な場合、文句を言ったり叱ったりして、それでどれくらい改善されたでしょうか。大抵のひとはたとえ叱られたとしても、自分が間違っているとは思っていません。自分が正しくてあなたが間違っていると思ってい...
デール・カーネギーの人に好かれる6つの方法
デール・カーネギーの「人を動かす」の第二章に「人を好かれる六原則」があります。Six Ways to Make People Like Youが原書の見出しなのですが、別に六原則というようなことはなくて6通りの方法を示しているだけです。...
デール・カーネギーの思い通りに人を動かす12の方法
デール・カーネギーの「人を動かす」の第三章は「人を説得する十二原則」です。Twelve Ways to Win People to Your Way of Thinkingが原文の見出しで、思い通りに人を動かす12の方法と言ったほうが良いと...
デール・カーネギーの人を変える9つの方法
デール・カーネギーの「人を動かす」の第四章は「人を変える九原則」です。How to Change People Without Giving Offense or Arousing Resentmentが原文の見出しで、押し付けることなく気...

コメント