「ごみ」を英語でどう表すかについて

用法
スポンサーリンク

日本語の「ごみ」を英語にすると trash, garbage, rubbish, litter, waste, junk, debris, refuse, scrap, dust のように非常に多くの言葉があります。違う言葉にはそれぞれ違う意味があるわけですが、万能な日本語の「ごみ」という概念が頭にあると、英語で「ごみ」を表現するときに混乱してしまいますね。ここではこれらを整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

Trash, garbage, rubbish

普段使いの「ごみ」は trash, garbage, rubbish で十分だったりします。Trash, garbage はアメリカ英語で、rubbish はイギリス英語です。

Trash は紙ごみだったり、プラスチックごみだったり、木片だったり、葉っぱだったり乾いたごみです。Garbage は実は良い日本語があって「生ごみ」と同じです。とはいってもこの二つを区別しないで使っている人も大勢居ます。イギリス英語の場合は、これらを rubbish と呼びます。

Pick up the trash.
Take out the garbage, please.
Clear up rubbish.
One man’s trash is another man’s treasure.

これらごみは基本的に家庭で出るごみのことです。

Litter

路上などの公共の場所に紙くずやペットボトルが落ちていたりすると、それらは litter になります。Litter は動詞にもなり、街で “Don’t litter” のサインをよく目にします。

We picked up the litter in the park.

Litter-basket というと公共の場所にあるゴミ箱ということになります。

Waste

要らないものだったり、使った後の残りだったりは waste を使います。工場から出てくるようなごみは waste ですね。

We should sort out the waste.

Junk

がらくただったり、くずだったり価値がないようなものは junk です。動詞にして捨てるといった意味にもできます。

It is a piece of junk.

Debris

破片だったり、残骸だったりは debris です。海岸に流れ着いたようなごみは debris になります。

We need to remove debris.

Refuse

ちょっと丁寧に、フォーマルな場で「ごみ」を表現したい場合 refuse が使えます。動詞で refuse といえば拒絶するといった意味で頻繁に使いますが、名詞で使うと要らないものという意味になります。なのでピンとこないのか、waste refuse という冗長な言葉が存在します。

Scrap

鉄くずだったり、何かからばらして出てきた小さな欠片のようなごみは scrap が使えます。

I wrote down her phone number on a scrap of paper.

Dust

細かくて舞い上がるようなごみは dust が使えます。ちりとりで埃を集めたものは dust になります。イギリスでは dustbin でゴミ箱といった意味でも使われます。

Dust lay thick on the floor.

コメント