大人が外国語を覚えるのはストレスに耐えること

学習方法
スポンサーリンク

歳をとってくると新しいものにチャレンジできなくなるようです。なので大人になって英会話教室に通い始めたとして、全員が成果が出てくるまで続けられるかというと、そのようなことはないと思います。

スポンサーリンク

自己イメージとのギャップ

会社でもそれなりの立場の人が、英会話教室で簡単なことでもまともに話せないような状況は、たとえ一対一の英会話教室であってもその人のストレスになるでしょう。

誰しもが自分はこういったものといった自己のイメージを頭の中に持っていて、それと現実とにギャップがあるときストレスを感じてしまいます。

日本語だとかなり細かい表現もできる大人な自分のイメージに対して、英語になったら幼稚園児以下の表現しかできなかったり、またはまったくしゃべれない現状を受け入れられない人もいます。

こういったダメな自分を受け入れるのは、歳とともに難しくなるのかもしれません。

ストレスを軽減する

どんなことでもストレスに感じると長くは続きません。外国語を覚えるといったことは非常に足の長い作業です。まずはストレスから開放まではいかなくても軽減しないことには外国語は身につきません。

開き直る

まず簡単にできることは、自分を見つめなおしてありのままを受け入れることです。開き直って素直に自分の実力を受け入れましょう。

目的を持つ

きっと一番良いのは好きな異性と話したいとか、海外で生活したいとか、そういった目的があることです。何か大きな目的があると、多少の苦労は苦労と感じなくなるのは不思議なことです。

海外に住んでいても

海外に転勤になって海外に住むとか強制的に外国語を話さないといけない環境にあると、ストレスがあっても話す必要があるので生活をしているだけでもある程度スキルは上がります。

ただストレスをコントロールできるかできないかで、その上達度合いは変わります。外国語を話すことが苦痛でしかないような場合はそれほど上達は望めません。

逆にストレスをコントロールできて楽しく学ぶことができた場合は飛躍的に語学力が向上できると思います。

まとめ

外国語を身につけるには非常に長い時間を要します。長く続けるためには学習自体よりもストレスのコントロールが必要になってきます。

歳を取ればとるほど自己のイメージが固着して未熟な自分を受け入れらないといったストレスが大きくなってしまいます。 残念ながらこういったストレスはなくならないと思います。

できることはできるだけストレスを軽減させる方法を探したうえで、それに耐えながら長く続けることだと思います。

学習が進むと自己イメージとのギャップは軽減されストレスは軽減されていきます。そうなったら後はしめたものですね。

コメント